スフェーンの硬度について

スフェーンの硬度は、モース硬度で5〜5.
5です。
これは、鉄や銅などの金属で強くひっかくと削ることが出来る硬度です。
分散率が高く、ダイヤモンドを超える輝きを持つ石ですが、硬度はダイヤモンドのように高くはないのです。
ですから、丁寧に大事に扱うことが必要な石でもあります。
以前は、硬度が高くないことと、微量の放射能を持っていることから、アクセサリーとしての利用は少なかったのですが、輝きが高くファイヤの美しさに人気が高まっている石です。
稀少価値が高い天然石ですから、まれに似たペリドットなどがスフェーンとして売られることもありますから、購入は信頼出来るお店を利用しましょう。
ペリドットの場合には硬度が6.
5〜7と少し高めになっています。
http://xn--hck9a2eqfvb.com/